MENU

多汗症とは

多汗症は、『顔』『手のひら』『脇』などの特定の場所に多量の発汗がみられる症状です。

 

全身にたくさんの汗をかく汗っかきとは違います。
多汗症のことを汗っかきと思っている方も多いです。

 

多汗症の原因は『緊張』や『不安』などの『ストレス』から一時的に交感神経に狂いが生じて多汗症になることはありません。

 

特に、勘違いさせがちなのは多汗症は「身体異常の疾患」であり、「精神異常」が原因ではありません。

 

通常の発汗とは違い、病的な発汗が多汗症です。

 

「汗の失禁」とも言われています。

 

風邪を引いてもいないのに鼻水が出るや排尿を我慢していても失禁するなど、身体の機能の不調として多汗症は位置付けられます。

 

他の人より、少し汗の量が多いというだけでは多汗症に該当しません。

 

多汗により、日常生活に支障をきたすため、局所多汗症として1996年4月から健康保険の治療が可能になりました。

 

特に、手のひらの多汗症は有病率が1%と多いですが、多汗症という病気があまり認知されていないため放置されたままの治療を受けていない方が多くいます。
ご自身が病気と気づいていなかったり、家族や友人に理解されずいる方が多くいらっしゃいます。

多汗症の3つの特徴

@発症する時期が子供の頃で大人になっても症状が続きます。
通常の小児疾患では15歳頃には病状が落ち着くもの多いですが、局所多汗症は高齢になっても症状が出ます。

 

A多汗症は、常に発汗しているのではなく、無汗の状態もあります。
精神的な緊張・体温変化・運動時・温度の上昇がきっかけになり、多汗となることがよく見られます。

 

B左右同時に発汗することがあげられます。
交感神経の別の疾患でも多汗をさせてしまうケースもありますが、その場合は片側に多汗がみられるため、左右に差があります。
発汗する場所は『顔』『手のひら』『脇』『頭部』『足のうら』の場所に多く症状があらわれ、複数箇所に多汗がみられます。

重症度分類

手のひらの多汗症はピークに達した時の発汗の程度で重症度が分類されています。

 

グレード1 手のひらが濡れるぐらいに発汗するが手をギュッと握っても汗が落ちない
グレード2 手をギュッとを握ると汗が落ちる状態
グレード3 手のひらを開いていても汗が落ちる

 

具体的な症状として、会議などで緊張して書類などが汗で破れてしまったりします。

 

日常生活でも、パソコンのキーボードやマウスが汗でうまく操作できなくなることもあります。

 

そのため、常にハンカチやハンドタオルなどを持たなくてはなりません。