MENU

多汗症の対処法

多汗症の多くは精神的なストレスが原因と言われています。

 

人前に出るなど、緊張している時や失敗してはいけないと不安感があると多量の汗をかきます。

 

ですが、自宅でくつろいでいる時やリラックス状態の時でも多量の汗をかいたり、寝起き時に汗をかきはじめるといった場合もあります。

 

精神的に緊張したから多量の汗をかくものだと思っていましたが、実際は緊張状態時に交感神経が過度に敏感になり、多量の汗をかくと言ったほうが正しいかもしれません。

 

多汗症の原因は、必ずしも精神的なストレスがで発症するものではないです。

 

精神的な要因
多汗症は精神的な問題により、恐怖を覚えて発汗することから『発汗恐怖症』とも呼ばれています。

 

緊張・ストレス・不安を感じてしまうと交感神経が優位になります。
交感神経が優位になると汗腺の働きが活発になります。

 

そのため、交感神経が敏感な方ほど、多汗症になりやすいと言われています。
なぜ交感神経が敏感になるのかはわかっていません。

 

また、精神的なストレスを抱えている方が、多汗症になるというわけでもありません。

 

他の疾患が原因
代謝に異常が起きたり、内分泌に問題が起き、循環器や中枢神経の疾患などの病気になっていると多汗症になる場合があります。
(甲状腺機能亢進症・褐色細胞腫糖尿病・糖尿病・生殖器障害・急性リウマチ・末端肥大症・結核など)

 

ですが、局所性多汗症になることはほとんどなく、多くの場合は全身性多汗症になってしまいます。
また、多汗症になっている場合には、循環器や中枢神経の疾患の可能性もあるということになります。

 

ホルモンバランス
多汗症の原因にはホルモンのバランスが乱れていることも考えられます。
ホルモンの分泌は脳の視床下部で制御されています。
交感神経も同時に制御されているので、ホルモンのバランスが乱れると交感神経のバランスも乱れ多汗症になります。

 

特に、女性は月経や妊娠があるので、ホルモンバランスの影響を受けやすいと言われています。

 

遺伝
直接的な原因ではありませんが、遺伝と多汗症の関係性も否めません。
神経質や緊張しやすい性格などが遺伝してしまい、多汗症になるとも考えられます。

 

多汗症は大人になるに連れ自覚し始めます。
ですが、実際は乳幼児の時にすでに発症しているケースもあります。
遺伝かどうかはわかりませんが、可能性はあります。

 

生活習慣の乱れ
多汗症も病気の1つです。
生活習慣も関係していると言えるます。

 

食事のときに、辛いものを食べたり、熱いものを食べれば汗をかきます。
これは普通のことですが、過剰になると味覚性多汗症になりえます。
また、肥満の方は多汗症が多いと言われています。

 

肥満にならないように食事のバランスも大事です。
タバコやコーヒーも多汗症の原因になるケースがあります。

 

ニコチンやカフェインは交感神経を刺激する中枢神経を興奮させる物質が多く含まれているため、過剰摂取すると発汗が促されてします。

 

このように一言で多汗症と言っても、様々な原因があります。